サラリーマン

機密書類から漏れ出す情報をリサイクル処分|闇に消し去ろう

企業経営に活かす

女の人

組織行動のツール

ISO14001は環境マネジメントにおける国際基準です。ISO14001の認可を受けることによって第三者の評価などにも影響が出るため人気のあるものですが、ISO14001は取得するために構築するのではなく、組織行動のツールとして使用することが最も望ましい方法なのです。企業が経営を行う際には、経営方針の確立やリスク管理体制の確立やチェック体制の整備、情報伝達手法の整備と技術の確立などが必要な要件となります。環境に置き換えるとISO14001でもこれと同様な機能を認可要件としており、それぞれの問題に対しての仕組みが構築されていないと認可されないのです。ISO14001を取得し、継続するということは企業概念を継続することにつながっているのです。

目的ではなくツール

更にISO14001は目的ではなくツールです。仕事をいかに効率よくそして改善を考えながら行うことができるかの指標ともなりうるのです。どの手法やプロセスは企業にゆだねられている項目であるため、型にはまったものではなく、今後の環境のための施策をどのように打ち出しそしてどのように行っていくのかを自ら考え実行することを求めています。そのためには組織全体として取り組む必要があり、経営方針の確立にまで影響を及ぼします。企業のトップが具現化した取り組みをしないと末端まで届かないため、ISO14001が機能していないことになるのです。2015年の改正ではこの組織部分に大きな変更が行われている事も特徴の一つになっています。