サラリーマン

機密書類から漏れ出す情報をリサイクル処分|闇に消し去ろう

本当の意味のマネジメント

スーツ

組織対策の重要性

ISO14001は環境マネジメントにおける国際基準です。業種などを問わない事、今すぐできることを構築し実践する事ですぐに申請することができます。国際基準のため第三者へのアピールができるなどの要素を持っているため、ISOの中でも人気のある分野です。しかしISO14001の認可のために環境マネジメントを構築する会社が多いこともあり、2015年に組織単位での取り組みやリスク対策の要件などを強化し、審査のための構築がなされないように改良されています。ISO14001を取得するのはあくまでも社会に環境面から貢献していることをアピールするためのものです。そのため信頼を得ることがとても大事なのです。そのために行うべきことが人を中心とした組織対策なのです。

社員全員の方向性

ISO14001は環境マネジメントがテーマになっています。そのため環境に社員全員が関心を持つ必要があります。これがないとどんなに仕組みを構築してもうまくいかないのです。クールビズのために温度を28度にすることを機械的に可能にしても、手元でクーラーを使用してれば電気料金を抑える効果に結びつかないのです。環境マネジメントを行うことで得られる副次的効果がコスト削減です。電気料金の節約や紙の節約など経営に役立つコスト削減につなげることができます。そのため昇給などを利用した取り組みも一つの方法となっています。まずは社員一丸となって組織としてマネジメントできるような環境を整備することがISO14001を取得するポイントとなるのです。